灯すみたいに。

「火は燃しすぎちゃいけないんだよ」
先日訪れた海辺の友人宅を去るとき、庭で始まったたき火を遠目に見て、
その家のご主人が言ったんです。
人はついつい燃しすぎちゃうけど、最低限でないと、って。
火というものに対する畏敬の念、みたいなものに静かに感動しました。

白熱灯は火と同じ種類の光なんですって。
だからあたたかくて心地いいのねって、納得です。
エネルギーが余計にかかる分、無駄にはつけないようにして、
そう、火をそっと灯すみたいな感覚で、
食卓の上とソファとベッドの傍らの灯りだけ、
電球型蛍光灯から白熱灯に戻してみました。
なんだか、ふわっと明るくていいかんじです・・・
[PR]
by miyoshimasako | 2009-01-15 23:56 | そんな一日。
<< クレーに会いに。 おつかれさま。 >>