赤い靴。

その赤い靴を履くと
死ぬまでずっと踊り続けるという
バレエのストーリーがありますけれど
まさに、そんなかんじ。

制作作業に入ってしまうと
なんというか手が勝手に動いて
終わるまでやめられなくなって
へとへとになって気を失いそう
・・・ってある意味死にそうってこと?
いや単に眠くなっちゃったってことでしょうね。
わたしにとっての赤い靴は、
すべりをよくするために手にはめるポリ袋かな。
ちょっと地味ですけど。

メリノをこんなに大きい面積で使うのは初めてのことなので
新鮮でわくわくすることばかりです。
でも縮絨率もなかなか把めなかったりして
ちょっと不安になったり。
でもそんなドキドキしながらの試行錯誤の時間も
やっぱりなんだか楽しい時間なのでした。
サンプル二つ目にして型紙が完成し、やっと安心して眠れます。

明日も、いいかんじにできますように・・・
[PR]
by miyoshimasako | 2009-03-06 01:22 | フェルトな毎日。
<< 春を待ちながら。 朝のおひさまの光。 >>