降ってくるものが好き。

お花のモチーフを作っています。
大きいもの小さいもの。
繊細なものゴージャスなもの。
いろいろあって
それぞれみんな
かわいいなぁ、ステキだなぁ、
なんていつもの自画自賛大会。

ふと、子どもの頃に作った
薄紙の花を思い出しました。
学芸会とか運動会の前に
みんなでたくさん作って
できあがると
放りあげたくなって
ほわ〜んって放りあげると
ほわ〜んって落ちて来て
なんどもなんども
くりかえしても
あきることなく楽しくて。

降ってくるものが好きなのかも。
紙吹雪とかね。
風船とかね。
シャボン玉とかもね。
そう、秋の落ち葉が
強い風に吹かれて
一気に散るただ中にいるのも
感動体験だし。
都会の大雪はもういいけれど、
それでもちらちら舞う雪は
やっぱり好きだし
雨も雹も霰も好き。

今は桜が咲いて
うすピンク色の花びらが
ひらひらと
舞い降りてくるのを
楽しみに待っています。

その前には満開の楽しみも
あることすら
忘れるくらいに。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-03-17 10:02 | イトシイものたち。
<< 心強い仲間。 やっぱり大切な時間。 >>