うるうるな夜。

きのうの夜、手直しを完了したコスチュームを発送しました。
最終段階になりどうしてもいくつかお花を加えたくなったり、
厚手の衣装用箱が見つからなくて右往左往してしまったり、
ぎりぎりまでドキドキでしたが精一杯させて頂きました。
一瞬やんだ雨の合間に、送り出したのでした。

なんて言うか、養子に出すみたいなかんじと似てるかもしれません。
とってもいいご家庭にもらわれていくとわかっていてもやっぱり淋しい。
うれしいはずなのに、ちょっと切ない。
それでも晴れの日のお手伝いができることのシアワセをあらためて感じ、
無事届くことと、何より彼女が気に入ってくださることを祈り
なかなか眠る気持ちになれずにしんみりとしてました。

コスチューム制作は初めての経験で
尻込みするわたしの背中を友人がそっと押してくれました。
これまでよりもたくさんの人に支えられていた、
あっという間のシアワセな三ヶ月でした。

ここまで書いて今、彼女からのメールが来ました。
でき上がったものを見てうれしくてシアワセで
うるうるしてしまったとのメッセージを読みながら
わたしまでうるうるしています。
なんだか言葉が見つからないくらいの感動的な夜なのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-04-02 21:42 | そんな一日。
<< いきなり桜色。 あたたかくて甘い。 >>