気持ちのスイッチ。

「羊毛とおはな」さんたちの
インストアライブに行ってきました。
会場の小さなホールは
小さな森みたいでした。
はなさんはこの日のために用意したという
女の子と子羊の柄のスカートにふんわりしたブラウス。
きっぱりまとめられた髪にはかわいいお花が二つ。
羊毛さんは黒い帽子にプリントのTシャツにデニムです。
ステージの上の二人には
やさしい木漏れ日が差しているように見えました。

ホールに最初の一音が響いたとき
その音はちいさなひとしずくになり
それがしだいに広がって
静かな池みたいになっていったような気がしました。
見上げた空はもちろん青空。
はなさんの声も羊毛さんのギターの音も
心地よいそよ風のようでもありました。

こんなふうに曲を作ったり
歌ったりしてたくさんの人の心をつかんでしまう人たちは
ひとの心の奥底にあってその
本人もふれることのできない
気持ちのスイッチに
そっと触れることができて
今日の悲しみも切なさも
何も無い日常の退屈ですら
明日を生きる喜びに
ふわりと変えてしまう魔法を
使えるのかもしれないと
思ったのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-06-24 20:22 | そんな一日。
<< やさしく本をまもるもの。 午後のサプライズ。 >>