シアワセの光。

シアワセは
自分では見えない
でもとてもちかいところ
あたまの真上とか
背中の真ん中とか
顔とか
そんなところで
静かに光って人を
包んでるような気がします。

虹の足もとにいて
その光につつまれてるときって
虹を見ることができない
そんなかんじかも。

その光が
いつでもしっかり光ってること
忘れず感じていたいと
思うのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-08-04 01:22 | イトシイものたち。
<< ときどき休みます。 wonderな7月。 >>