夏の夕方の匂い。

ここ数日
夕方になると歩いて
プールに出かけてます。
家にいたのでは見られない
夏雲の浮かぶ広い空と
オシロイバナや百合などの
強い花の香りと
おいしそうな夕ごはんの匂い
あ、今日は天ぷらなのねなんて思っていると
開け放った窓から
きこえてくるおしゃべりと
「カンパイ!」の声。
何かのお祝いみたい
こちらまで
「オメデトウ!」を言いたい
そんなタノシイ気分になりつつ
住宅街を抜けプールにつくと
なぜか心地いい
塩素の匂いが迎えてくれます。
1時間半くらい泳いで
帰り道にパンを買って
帰ってきます。

なんだか懐かしい匂いばかり。
これまで感じた想いの数々が
よみがえり思わず
眼を閉じてしまいます。

たまに初めての匂いに出会うと
あたりを見回して
初めて見る花だったり
気がつかなかったお店があったりすると
思わず近づいて見てしまいます。
あ、こんなところにって
よく知ってるとおもっていた街なのにと
驚いてしまうのでした。

プールから出ると
星が出ていて
風は涼しくて
草むらでは虫が鳴いていて
夜は季節を一足早くに
感じるような気がします。
ほんの2時間半の
夕方の外出で
新鮮な気持ちになれる
毎日です。

それでもまだ暑い夏。
その終わりの日まで
楽しめますように。
元気に
走り抜けられますように。

今日が健やかな一日でありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-08-19 09:22 | そんな一日。
<< そっとやさしく。 元気スープ。 >>