9月5日。

マザーテレサに出会ったのは
13年くらい前。
書かれたものを通して
生きてること
生かされてることの意味を
静かに厳しく
でもいつもやさしく
語りかけてくれました。
わたしが眼を閉じ
聞く耳をもたずに
呆然といるときも
いつもそばにいてくれる
そんなあたたかさを
今も感じます。
1997年のこの日
天に召されて以来
この日は記念日ともちょっと違う
特別な日になりました。

そのあと東京で行われた追悼のミサで
シスターたちが涙するのを見て
ほっとしたのを覚えてます。
天の国はいいところだから
そこに召されたことは
シアワセで
泣いて送ってはいけない
そんな気持ちでいたからです。
悲しむことがゆるされたと感じたとたん
ふっと心が軽くなったのでした。


まだ9月の初めなのに
日が沈んだらもう
寒いくらいです。
去年のこの日は暑かったっけ
そんなことおもった
満月の夜でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-09-05 23:22 | そんな一日。
<< 真夜中の紅茶。 砂糖菓子? >>