無地のものが好き。

いつも静かにそこにいて
目が合うとそっと
やさしく微笑んで
どんなものでも
いいよ
おのせよと
おだやかな声で
言ってくれる
そんな
無地のものが好き。

昨日作りなおした
テーブルランナーも
最初は柄をつけてたのに落ち着かず
やっぱり無地になりました。

明るいライム色の
無地のランナーは
まるで芝生みたい。
イッタラのマグも
コペンのピッチャーも
カットグラスの小皿も
陶器の一輪挿しも
みんな一緒に
仲良くピクニック
そんな楽しい
雰囲気に
まとめてしまいます。
そして
そっと灯るキャンドルの光に
自然と人があつまって
もれなくほっとする
そんなやさしいあたたかさが
無地のものには
あるような気が
するのでした。

あたたかな夜ですね。
ステキな秋の夜長を
楽しめますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-11-26 18:22 | フェルトな毎日。
<< 11月の空の青。 小さな声でお願いが。 >>