その手にのせたい。

f0025533_9145857.jpg

















人生のはじまりの時の
もみじみたいな手。
握りしめたその中に
あるのは何なんでしょうね。

いつかその手を開いたとき
一番にのせてあげたいのは
やさしい気持ち。
そして歩く道で
出会う人たちから
たくさんのステキなもの
そこにのせてもらい
そしていつの日か
だれかの手にのせることが
できるよう
いつも
あたたかく
やわらかくあるように
寒さや茨から守りたい。

そんな願いを込めて
生まれてきてくれた
そのときサイズで
作った手袋は
靴とおなじく
二つでひとつ。
なかよしなかんじも
なんだか楽しいでしょ?

それにしても
いつまでたっても
のせていただくばかりです。
ときに
のせていただいてるのに
気づけない
まだまだなわたしの手。
感じられますように
そして
誰かの手にのせることも
できますように
たとえ
ささやかであったとしても。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-03-04 18:22 | フェルトな毎日。
<< 今朝のクリスマスローズ。 mmな一日。 >>