空からの手紙。

雪どけのせせらぎの音?
昨晩の雪が溶け
雨樋を伝う音で
目が覚めました。

雪が空からの手紙だとしたら
きのうの手紙には
何が書かれてたのかな。
春夏秋冬
朝も昼も夜も
おもえばいつも
見上げていた空に送っていた
わたしの手紙への返信
だったらいいのに。

日付が変わる頃みぞれに
真夜中には音を立てる程の
強い雨に変わっても
まだ消えず庭にのこる
ふわふわのメレンゲみたいな
淡雪にうれしくなったり。

さりげなく芽吹き
休むこと無く育ち
今朝もその顔や背にのせた
雪もそのままに咲く花をはじめ
雪が消えて初めて気付く
植物たちから
たくさんのチカラ
もらってることに
あらためて
ありがとうと
ささやいた朝。

外はまだ
かなり寒いのに
今日はあたたかくなる
なんてきくと
信じてしまいたくなります。
光も差してきて
あとは空が
青く染まってゆくのを
待つばかりなのでした。

こころあたたかな一日で
ありますように。
花粉が辛い方の一日が
少しでも楽しく
ありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-03-10 10:22 | そんな一日。
<< ステキな春の一日を! 成長日記。 >>