こねこちゃん。

f0025533_9123624.jpg
















かわいいでしょ?
とことこ歩きだしそうでしょ?

数年前しごとで
初めて訪ねたお宅に
その前日に
迷い込んできたばかりの
ほんとにちいさな
真っ白の仔猫がいて
ちょっと緊張気味の
わたしの足元を
運動会で棒を交互にすりぬける
あの競技みたいに
くぐりつづけて
いたのでした。

子どもの頃には
ジョンという名前の犬が
いたのですが
いなくなった後には
一緒にいる楽しさより
失う悲しみを思ってしまい
それきり。

「猫」とか「犬」とか
その種族で好きとか
そうでないとかは
あまりなかったし
むしろ猫はそれほどでも
ってかんじだったのに
そこでであった
このコがあまりにかわいくて
思わず作ってしまったもの。
ニードルだけで作ったのは
あとにもさきにも
このコだけ。

そろそろみかんの季節が
終わりそうで
とりちゃんたちが
庭にまで来るのも
あとわずか
なんておもったら
ちょっと淋しくなった
思いのほか
肌寒かった朝でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-03-17 09:22 | フェルトな毎日。
<< 真夜中におもったこと。 希望のヒカリ。 >>