はじめの一歩。

いろいろな方が
いろいろなはじめの一歩を
踏み出した日でしたね。
あたたかな南風は
その未来を応援する
追い風だったような
気がします。

部屋にはフェルトの羊が
いつもいるのです。
フェルトに出会って
そのはじめの一歩を
ふみだしたばかりの頃
ニードルにも出会う前
試行錯誤の数々をくりかえし
仕上げたもの。
顔も羊っぽくなくて
わんちゃんに
間違えられたりも
しますけれど
わたしにとっては
一番最初に作った
フェルトボールと同じく
目にする度
あの頃の気持ちを
思い出させてくれる
かけがえのない
大切なものなのでした。

一歩一歩
踏み出すその場所で
シアワセが足もとから
ひろがってゆく
そんな毎日が
待ってますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-04-01 22:22 | フェルトな毎日。
<< ミスト越しの桜。 軽やかに。 >>