きいろのプレート。

f0025533_1653744.jpg

















昨晩のサフランライスと
チキンとカリフラワーの
マスタード煮を
ひとつのお皿にのせた
今日の朝ごはん。

サフランだけで染めた
うすきいろのごはんは
ほのかに香って
タイムや
マスタードとの
ハーモニーが
ぼんやりな朝を
目覚めさせてくれたのでした。


<Recipe>
鶏肉200gから400gを適当な大きさにカットします。
フライパンにバター大さじ2杯くらいをとかして
皮面に焦げ目がつくまで焼いてから裏も焼いてお鍋に移します。
そのままのフライパンに新タマネギ1個を繊維に垂直に
1センチ幅くらいにカットしたものを入れて炒め
さらにスライスした1パックのマッシュルームを入れて炒め
白ワイン100mlくらいを入れてアルコールをとばしてお鍋に移します。
空いたフライパンにお水3カップくらいを入れて沸騰させ
そこにのこった旨味とともにお鍋に注ぎます。
スープキューブ2個とタイム小さじ1くらいとローリエ2枚を入れ
タマネギが柔らかくなるまでおよそ10分くらい煮ますが
新タマネギだったらあまり煮ると溶けてしまうから3から5分くらい煮て
そこに小房にわけたカリフラワー半個から1個を入れ
更に10分くらい煮てから仕上げに
ディジョンマスタードを大さじ3から5杯くらい入れて混ぜ
塩コショウで味を整えてできあがりです。
鶏は胸でもモモでもいいですし手羽元にするとボリュームが出ます。
カリフラワーと一緒に芽キャベツをまるごと入れてもおいしいです。
煮ている途中で硬めに茹でたファルファッレを少しいれると
春らしいかんじになりますしボリュームもでます。
この分量はいつも作ってるきまぐれなものを適当に数量化したものなので
どうぞお試しで一度作られたあと、工夫なさって
それぞれのオウチの味がうまれますように。

サフランライスはサフランをあらかじめお湯に入れて色を出しておいたものを
研いだお米の水に入れて炊きます。
それだけでもいいですけれどスープキューブを入れて炊いて
仕上げにバターを入れて塩コショウしてしっかり味をつけてもいいです。
出来上がりにパセリのみじん切りをふってもいいかもしれません。

もちろんごはんでなくバゲットも合います。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-04-20 10:22 | オイシイものたち。
<< 二羽の白鳥。 不思議の国の味。 >>