楽しい修理。

「焦がしてしまったの」
そう言って友人が見せてくれた
オリーブグリーンの
フェルトの鍋敷きにのこる
焦げ茶色の跡。
気をつけていたのに
気付いたらできていたとのこと。
愛用してくれてたからのこその
紅茶のシミもまとめて
キレイにすることにしました。

焦げてしまった表面を
ガスコンロを掃除する
ワイヤーのブラシでそっと
毛羽立たせ削るようにして
その焦げ跡を消してゆき
消えたらあたたかい石鹸液で
再びののフェルト化。
ちょっとした汚れもとれ
すっかりキレイになりました。

それでも消えないものには
ニードルで模様をつけたり
フェルトのコースターをつくって
そこにのせ縫い付けたり。
こんな風にして
ずっとかわいがって
いただけることは
何よりうれしいもの。

これでまたテーブルの上で
あたためるお仕事に
もどることができて
よかったね
なんて
そっとなでてみた
楽しい修理の時間でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-18 23:22 | フェルトな毎日。
<< カーテン越しの朝の光。 マーマレードの花。 >>