常緑樹の落葉。

「常緑」と言っても
その葉がずっと
そのままの緑で
あり続けるはずはないことは
少し考えれば当然のことだと
わかるはずなのに
常緑樹である
オリーブやローリエ
そしてレモンも
新しく生まれた芽と
交代するみたいにして
これまでの葉の一部が
ほんの少し色を変え
静かにそっと
枝を離れたものに出会うと
ちょっと切なくなります。

落葉樹の葉だったなら
その季節が来た時
変えた色は世界を彩り
散り行くさまでさえ愛でられ
その歌にのせて
想いが重ねられることも
少なくないのに。


これまでの日々
緑の少なくなる冬にも
かわらず庭を
明るくにぎわせ
雨上がりには
そこに残るしずくを光らせ
楽しませてくれて
ありがとう
お疲れさま
なんて
言いたい気持ち。

雨に濡れ鮮やかさをました
ローリエの葉の
ツートーンの緑の葉も美しい
雨の月曜日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-24 17:22 | イトシイものたち。
<< たのしいカタチ。 マーマレードレシピ。 >>