やさしい気持ちの贈り物。

もうすぐ六月だというのに
肌寒かった一日が終わり
何気なくスイッチを入れた
テレビの夕方のニュースで
並んで髪を切る
女の子たちの映像が
目に入ってきたのです。

病気の治療の過程で
髪が抜けてしまった女性たちを
元気づけたいと
それを使ってウイッグを
作るための髪を
プレゼントするとのこと。

毎日洗ったり
丁寧に手入れしてきました
なんてうれしそうに話す
ナースの卵の彼女たちの
輝く笑顔はまぶしくて
胸が一杯になりました。

愛する人への
贈り物を買うために
自分の髪を切った物語は
知ってましたけれど
見ず知らずの誰かのために
いつか切るための髪を
何ヶ月ものばし続けたなんて。

出来上がるのは
十数人分ではあっても
きっとほかの
たくさんの人の心にも
届いたはずです
彼女たちの
やさしい気持ちの贈り物。
わたしにも届けられた想いを
大切に育てる一週間に
したいとおもいます。

みなさまの一週間が
明るく楽しく
心穏やかで
なにより健やかで
ありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-30 23:22 | そんな一日。
<< たっぷりな五月。 シュロプシャーの白い花。 >>