オーダーの楽しみ。

ハートのコースター
しかも真っ赤
なんていうご注文を
初めてうけたまわった時には
オーダーシートを
書いてるだけなのに
ドキドキしたのを
覚えています。

外国製の大ぶりな
ティーポットにぴったりの
ティーコージーも
そのティーポットの模型を
作ってからそれに合わせて
作ってみたなんてことも
ありました。

どんなオーダーも
お受けしたいと思っているのです。
お客さまがイメージされてるものに
限りなく近いものを
お届けしたくての
試行錯誤の時も楽しいですし
これまでわたしの中に
なかったものを
付け加えていただけたり
するのはうれしい体験。

今日仕上げたのは
お客さまが描いて下さった
イラストを柄にしてつけた
ちいさいバッグ。
かわいい柄を再現するのに
どうしたら一番ステキにできるかを
考えた時に思い出した
プレフェルトの技法は
初めて作品を発表した頃
テーマにしてたもの。
モザイク画のように
あれこれ考えるのが
楽しかったことを
思い出しました。

柄は苦手なんて
自分を決めつけてましたけれど
好きな技法もあったこと
思い出すきっかけもいただけて
オーダーの楽しさと
ありがたさを
あらためて感じた
一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-06-09 23:22 | フェルトな毎日。
<< ふわふわのマット。 小さなもの入れ。 >>