シュロプシャーの冠。

f0025533_239794.jpg

















かの地の王さまがいつも
帽子がわりにのせていた
ただひとつの冠は
あたたかくやわらかく
フェルトでありながら
不思議な輝きを
放っていたのでした。

・・・って
やっぱりミステリーより
ファンタジーの方が
楽しくお話を
つくってゆける
そんな気がする
なんて思いつつ
作ってみた
フェルトの王冠。
シュロプシャーシリーズ
第三作目です。

生まれて間もない
お祝い事のとき
女子にお花のヘッドドレスを
つけてあげるみたいに
男子の頭にのせてあげたら
ステキかもしれません。

その身に起こる
全てのことに
意味があるとしても
かなうならば
空を向くとんがりが
どこからともなく
ふってくる
招かざるものを遠ざけ
その身と心をいつも
守ってくれますように
そんな願いをこめて。


梅雨のあい間の
贈り物みたいな一日を
楽しくすごせますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-06-17 00:22 | フェルトな毎日。
<< 大きな白い羽根。 放牧風景。 >>