夏至の一日。

クリスマスローズの種が
夏至の朝はじけました。
黒く小さな楕円の粒は
きらっと輝いていて
細かなオニキスのカケラ
みたいです。
こんなにちいさい粒なのに
寒い冬の庭に
あかりを灯すように咲く
あの全てがここに
つまってるのねと
見つめてしまいました。
お皿にのせて
一日かわかしてから
紙の袋にしまいました。

冬至と違って
何をするとか
何をいただくとか
決まってないですけれど
何となく折り返しの気分で
次の折り返しの
遠くの冬の日に
想いを馳せつつ
過ごした一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-06-21 23:22 | そんな一日。
<< ピンクのピクルス。 そんな真夜中。 >>