ミシンをめぐるストーリー。

出した夏服が
なんとなくね
ってかんじだったので
シルエットをかえるべくの
久しぶりのミシンかけ。

だだだだだと
勢いつけて縫い進む針の
そのスピードが心地よくて
あれこれ縫いまくった後は
細かなところを
ちくちく手縫い。
いつもと違う手仕事したら
なんだか
新鮮な気持ちになりました。

着たい服がなくて
縫ったこともあった
学生時代や
着せたい服がなくて
お気に入りのボーダーほどいて
子ども服にリメイクしたっけ
なんて
ミシンをめぐる
ストーリーの数々
思い出したり。

気持ちにすっと
風が吹いたみたいな
午後でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-07-10 23:22 | そんな一日。
<< 二度目の花火。 キラキラデザート。 >>