二度目の花火。

雨の夕方
投票をしに近所の小学校へ
行きました。
小学校っていろいろなものが
子どもサイズにできていて
不思議なかんじがします。
廊下に貼り出された
絵や作文に出会えるのも
選挙の楽しみの一つ。

帰りによった買い物の帰り道
いきなりきこえてきた
どーん!という音。
そうでした
今日は隣町の花火の日。

見晴らしのいい丘にのぼり
しばしぼんやり
ながめていたら
そこにやってきた
5歳くらいの男の子が
「いよいよ花火の季節が
 やってきましたねぇ」
としみじみとひとこと。
ちょっとオトナをまねた
その表情もかわいくて
小さく笑ってしまいました。

ほんの10分くらいでしたけれど
その音に誘われ
三々五々
小走りに集まる人たちの
楽しそうな様子に
うれしい気持ちになった
この夏二度目の
花火も美しい
ステキな日曜の夜でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-07-11 23:22 | そんな一日。
<< 夏はこれから! ミシンをめぐるストーリー。 >>