8月6日が来るたびに。

毎年黙祷を捧げ
式典を見てきたのに
今日の日初めて気付いたのです。
あの日あの出来事のあと
悪い夢のような一日が
続いたことに。
そこに広がる光景は
隅々まで照らされていたことに。
どんなにか
どんなにか

胸が一杯になりました。

身の回りの平和に
感謝を忘れず
いつの日か
みんなの平和がくるために
わたしにできることをして
毎日を喜んで
生きていけたらと
おもいます。

8月6日がくるたびに
毎年同じように
胸塞がれてしまっても
想いを新たにして
また歩き出す
そんな日でもあるような
気がするのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-08-06 23:22 | そんな一日。
<< アトリエから見た空。 いきなりランチ。 >>