大きなワイパーがあったなら。

月のない暗い夜です。
空には白い雲たちがうっすら
ホルスタインの柄みたいに
散らばっていて
モノクロームの青空に
見えなくもないかんじ。
その間からは
いつもよりも多く
強く光る星が見えていて。

これならば今夜
見られるかも流れ星!
なんてずっと空見上げて
首が痛くなっちゃうほど
楽しみにして
わくわくしながら
坂をのぼってきた
二時間前だったのに
今見上げたら
ひろがる雲が
煙る白い空。

でもうっすらだから
せめて北東の空だけ
大きなフローリングワイパーみたいなもので
空をすっきり
させられたらいいのになぁ
そんなワイパーが
あったら楽しいのに。

すいすいーっと、ね
こんなかんじで・・・と
今日一日の教室と制作で
いつのまにか
床にふんわり積もった羊毛たち
ワイパーで集めながら
おもっています。

晴れたらいいなぁ
晴れますように。
見られたらステキなのに
夏の流れ星たち!
[PR]
by miyoshimasako | 2010-08-12 23:22 | そんな一日。
<< はじめての料理。 雨上がりの庭のお客さま。 >>