エピソードのある一日。

8月ってずっと昔は
30日までだったそうなのです。
なのに8月生まれの
古代ローマの皇帝が
短いのはイヤだと
その当時の暦では
最後の月にあたる2月から
1日持ってきてまでもして
31日にしたという
エピソードをききました。

4年に1度のうるう年ですら
30日に満たないという
短い月の謎を抱えてた
2月生まれとしては
そのあまりの単純さに
びっくりです。

でもひょっとしたら
と考えてみたのです。
それは表向きのもので
実はもっと深い理由と
誰も知らない
ステキなエピソードが
あるのかもしれないって。
ほんとは
とっても純粋で
やさしくて
はずかしがりの皇帝が
あえてわがままそうに見せて
このエピソードだけ
歴史に残したままに
したのかもしれないって。

ただ強いだけで
民を想う
あたたかな心がなかったら
あの長い平和の時代の
スタートを切るなんてことは
できなかったような
気がするのです。

ステキなエピソードも
あるかもしれない
ステキな夏の一日を
たのしいことや
うれしいことで
心うるおすあれこれ
準備できる一日で
ありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-08-30 01:22 | そんな一日。
<< リセットの日。 甘い秋の花。 >>