ブーツはじめました。

ほんとは真夏だって
履きたいくらい
ブーツが好きなのです。
ブーツをはいたらもう
どこまでだって
行ける気がするのです。

きっとこれは
幼い頃からの
長靴が好きっていうのと
つながってるのかも。
水たまりだって
ぬかるんだ土だって
草ぼうぼうの
原っぱだってもう
どこだって平気だって思える
あの安心感。
水がはいったら
脱いでさかさにして
出せばいい
気が向いたら
自分でくんで遊んでもいい
今でこそ
そんなことはしませんけれど
その自由な感じが
今も好き。

なので毎年8月も
終わりが近づくと
オイルをぬりなおして
その日を待ちます。
ブーツをはけば
雨が降らない日でも
味わえる長靴気分。

なのに長い夏が
まだ続いているかんじで
まわりを暑くるしく
させちゃうかもと
少しためらいつつも
待ちきれず
わたしのブーツの季節は
先週末にスタート。
勝手に秋を
はじめてみました。

まだまだ暑い日々が
続くらしいですけれど
空はもう秋ですし
気温を待つことなく
気分だけでも
秋をスタート
させちゃっては
いかがでしょう?
[PR]
by miyoshimasako | 2010-09-05 23:22 | イトシイものたち。
<< 手のひらにのるものたち。 夢みたいな風景。 >>