光のカケラのお菓子。

f0025533_7311739.jpg
















こまかにきらめく
そのカタチを
一瞬
夜空にのこし彩った
あの花火の光のカケラが
消えてしまう前
そのひとつひとつに
お砂糖をまとわせて
作ったみたいな
金平糖を
いただきました。

ほんのり生姜味で
品ある甘さで
うすきいろの半透明という
その色合いも
コンフェイトという
もともとの名前も
お祝いのお菓子として
使われることが多いことも
みんなうれしい
トクベツなお菓子。

コンフェッティみたいに
空にはじけて
ぱらぱら降ってくる
様子をおもっては
たのしい気持ちに
なっています。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-09-07 23:22 | オイシイものたち。
<< ほめられました。 手のひらにのるものたち。 >>