耳をすます日。

共通の言葉というものを
持たないものたちの声に
耳をすましてみる
そんなことをしてみる
きっかけの日かもしれませんね
10月4日は
ことりや動物たちと
会話ができたという
聖フランチェスコの祝日でした。

世界動物の日でもある
らしいのですけれど
記念日って
その日を祝うだけでなく
その日がきっかけになり
何かがかわってく
そのはじまりの日になったら
ステキなのにと
いつもおもいます。

動くものだけでなく
植物だとか
動かないものとだって
こちらが耳をすましさえしたら
きっと言葉でない何かで
通いあえる何かが
あるような気がします。

わたしでいえば
毎日羊毛に触れるたび
遠く夏に向かってる
南半球の草原に吹く風の中にいる
羊たちにおもいをはせて
勝手に楽しくなってみたり。

そんな遠くの声にも
窓のすぐ外で歌う
ことりたちの声にも
風にのって届けられた
木立ちの奥にそっと咲く
キンモクセイの
その甘い香りのメッセージにも
耳をすましてみた
一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-10-04 23:22 | そんな一日。
<< ことしのキンモクセイ。 ひらり。 >>