ことしのキンモクセイ。

f0025533_647668.jpg
















まず風にのって
その匂いが届けられ
咲いたことを知る
キンモクセイ。

みまわしても
なかなかみつからない
なんてこともあるくらい
ひかえめなのに
ふと気づくと
枝にみっちりと咲いていて
小さなお花たち
そのひとつひとつが
いとおしく
みつめてしまいます。
ことしのお花は
ちょっと大きめで
その数も多く
色も濃いような気がします。

街に満ちるそのにおいに包まれ
ふんわりあたたかな日差しと
ひんやりさわやかな風の
心地よい季節を
しばしうっとり
楽しめますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-10-05 23:22 | イトシイものたち。
<< シアワセにする発明。 耳をすます日。 >>