新月の贅沢。

f0025533_781533.jpg

















海の干潮と満潮の差が大きくなる
新月の日と
満月の日には
ちょっと贅沢をして
この入浴剤のお風呂に
ゆっくり入るのです。

この日の海のみちひきの大きさを
目の当たりにしてから
その半分以上が
水分でできてるらしい人間にも
トクベツなチカラが
働いてるような気がするのです。
古えからそこにのこる木造建築は
新月の日に切った木で
建てられたということも
聞いたことがあります。

これはブルターニュの海塩を
フリーズドライしたもの。
何となく好きで使っていますけれど
ちょっとお高いので
月に二回だけのトクベツ。
今晩はふと思い立って
満潮のすぐあとに入ってみました。
月の引力が一番強く働いて
カラダのいらない水分が
すっと出てくかなって。

壮大なチカラみたいなものに
包まれ呼吸をあわせるかんじ。
そんな風にして
宇宙を感じてみた時間でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-10-08 23:22 | そんな一日。
<< オーブンの季節。 翌朝の空。 >>