赤いペースト。

f0025533_19391860.jpg


















この季節になると
食卓にのぼる
煮リンゴの皮を
フードプロセッサーで
なめらかにした
紅玉の皮のペーストです。

リンゴを煮るとき
一緒に入れて
その色と香りをうつしたあとは
左下のように
ラップに丸く包んで冷凍庫へ。
作る時に半解凍で機械にかけると
こんなかんじのものになるのでした。
これでだいたい5個分くらいかな。

カレーを煮込こむとき
おいしくなるような気がします。
それと同じくらいに
煮リンゴをいただいたあと
ボウルの中にのこる皮を
ムダにしないですむのが
うれしいのでした。


いよいよ押し迫ってきて
気持ちばかりが焦っています。
あれもこれもまだだしと
慌ててばかり。

いきなりの
「ごはんまだ攻撃」で
作業が中断しないよう
盛大にプロセッサーをかけて
たくさんのタマネギも刻んで
合宿みたいな量のカレーをつくっては
少しほっとした夜でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-11-08 23:22 | オイシイものたち。
<< わたしの歯医者さん。 寒い朝が好き。 >>