真夜中のモンブラン。

f0025533_8291399.jpg


















いつもなら翌朝にしよう
なんておもう時刻なのに
これから制作するんだしと
陣中見舞いにいただいた
モンブランでお茶したのは
日付が変わるちょっと前。

栗クリームは栗の味で
生クリームは生クリームの味で
それはほんと当たり前のことなのに
久しぶりに味わった気がして
なぜかほっとして
その中にそっと潜んでいた
小さな栗は楽しくて
底にある生地は
やわらかすぎず
かたすぎず
そのすべてを支え
一つの世界にまとめあげていて
その全てに
うっとりなのでした。
一度に全部だなんて
もったいないなんて
思ってしまうくらいの味わい。

てっぺんにのった
お店の名前がかいてある
四角い紙って
すぐとってしまうものなのに
なんでかな
これがあると楽しいかんじ。
お子さまランチの旗と似てるかも
なんておもっては
うれしくなって
そっとはずしていただいた
真夜中でした。


・・・という事で
そんな
sweetな休み時間もはさみつつ
今日も頑張ろうと思います。
冷たい雨の寒い日も
たのしくありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-11-17 09:22 | オイシイものたち。
<< テラスの上の空。 帰り道の空。 >>