ナゴリオシイ。

オーダーをいただき
うれしくなって
喜んでいただきたくて
はやめにお渡ししたくて
はやめにお作りしたのに
出来上がり
乾く時を待ってる
その景色をみていると
ちょっとだけ
淋しい気持ちになって
どうしたことか
ぐずぐずして
しまいそうになるのです。

遠い異国に
望まれて旅立つ
子どもを送り出すみたいな
そんな想いにもにてるかな。
うれしいのに
よろこばしいことなのに
ものすごい笑顔なのにでも
涙目で後ろ姿を見送るかんじ。

ああこれが
ナゴリオシイっていう想い?
電話がなかなか切れなかったり
またねって言ったのに
なんども振り返ってしまうのとか
それとも似てるかも。

あたたかい気持ちで
迎えていただけますように
あたためる仕事
しっかり全うできますように
かなうなら
かわいがって
いただけますように
そんな
果てない祈りを込めて
丁寧に梱包し
玄関先にまで
迎えにきて下さる
宅配の方に
おもわず深々と
よろしくおねがいいたします
なんておじぎして送り出したら
涙を拭いて
って
オーバーですけれど
また笑顔で
次のオーダーに
とりかかるのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-12-14 23:22 | そんな一日。
<< 久しぶりのキッシュ。 二週間前の夜。 >>