年末の旅行。

あれこれ片付けをしていたら
本棚の片隅で
トモダチが貸してくれたのに
読まないままになってた本に
であいました。
憧れの国を旅した方のエッセイ。

納品も年内分は終わったし
型紙整理はオーダーのものが
全て済んでからにしよう
なんて
やろうとしてたことを
ある意味片づけ
あわてて旅支度するみたいにして
紅茶をマグに入れ
クッションをソファに集め
スローケットにくるまって
さあ出発です。

笑いあり涙ありの旅行記は
あのニルスみたいに
鳥の背中にのって
その首にしがみつき
ときにドキドキしつつ
風の温度やそのにおいを
感じながら
旅をしたみたいな気持ちに
させてくれました。

読み返したものはありましたけれど
2010年新たな本との出会いは
この一冊だけかも。
旅に行かなかったこの一年も
おわりに近づいて
遠くの国を
あちこちめぐり
連れて行ってもらえたみたい
そんなうれしい気持ちの
午後でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-12-30 23:22 | そんな一日。
<< ママレードな1年。 あたたかなのみもの。 >>