「計」の意味。

「一年の計は元旦にあり」
というときの「計」を
「計算」の「計」だとおもっていたのです。
この一年の終わりの日に
プラスの出来事と
マイナスの出来事を
計算して
プラスにするには
元旦のすごし方が大切って風に。

なのにあらためて調べてみたら
「計画」の「計」なんだそう。
一年の計画は元旦に立てるのがいい
それくらい
何ごとも早めにとりかかるのがいい
なんて意味もある
ゆるやかなものと知って
びっくりです。

これまで元旦にねぼうしたり
失敗したりしたとき
これから先の一年も
こんなかんじにゆくと
決まったみたいで
ちょっとへこんだのに
そうではなかったと知って
ちょっとほっとしたり。

もう元旦ではないですけれど
かねてから
「思い立ったが吉日」派の
わたくしとしましては
2011年の計画を
おくればせながら
立ててみようかな。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-01-02 23:22 | そんな一日。
<< 楽しいパリみやげ。 HAPPY NEW YEAR ! >>