二草粥。

f0025533_1322437.jpg

















大根と小松菜
今年のお粥は
冷蔵庫にのこっていた
このお野菜たちで
作ることにしたのは
七草セットを
買い忘れてたことに気づいた
前日の夜でした。

ふと思ったのです
七草ってもともとは
あちこち走り回らなくても手に入る
畑に残ってる野菜とか
その畦にしげる野草とか
そんな身近な緑の物たち。
それをていねいに刻んで
食卓にのせるという
その仕事の中に
無病息災の願いをこめることこそに
意味があるんじゃなかって。

そんなこんなで出来たお粥ですが
色としては消えてしまう
あられ切りした大根は
口のなかでの
ちょっと楽しいサプライズになり
地元産小松菜は
緑濃く味わい深く
全体としては
いつもよりチカラ強いものに
なったみたいです。

お昼には
蒸したささみをさいたものと
しらがねぎをのせ
あたたかな中華スープとラー油で
中華風に変身。
二度お粥を楽しんだ
一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-01-07 23:22 | そんな一日。
<< 風がくれた贈り物。 板に宿る木。 >>