風がくれた贈り物。

f0025533_1925431.jpg

















冷えこんだ朝
テラスのタイルの上で
見慣れない葉っぱに出会いました。
カサカサの
スナック菓子みたいな軽さのものに
丸く小さな硬い実が二つ
ちょっとアンバランスな場所に
まるで縫いとめられたみたいに
しっかりと
くっついていました。

やさしい味の
ハチミツの色に輝く
朝の光の中で揺れていて
こんな実もありますよって
風が運んで来てくれた
贈り物みたいです。

それにしたって一体
どこから旅してきたんでしょうね
この葉っぱに見えるもの
ほんとは実を
遠くに飛ばすための羽根
だったりして。

北風にのって
空渡る姿想っては
楽しくなっています。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-01-08 23:22 | イトシイものたち。
<< 元気な背中。 二草粥。 >>