元気な背中。

ここのところの寒さで
具合が悪くなったのかと
思っていたのです。
それが
ほんのちょっとしたことで
元気になって
機敏に走り回る
その白くて丸い背中を
うれしく見つめて
しまっています。

パソコンのそばでいつも
フェルトのコースターにのっている
白いねずみちゃん
そう、白いマウス。
細いコードはまるで
尻尾のようで
機械なのに
そんなはずはないのに
勝手に動き出しそうなくらい。

ずっと反応が鈍く
使いすぎなのか
その下に敷いている
フェルトのせいなのか
あれこれ考えていたのですけれど
カンタンなところに
解決策はありました。
ふと思い立って
赤く光るところの表面を
綿棒で掃除してみたのです。
そうしたらもう
うれしくてたまらないかんじに
するする動いてびっくり。

そう、そこだったんです、って
白ねずみちゃんもよろこんでるかんじ。
いつもより余計に
くるくるしていたら
以前家族にいた
ハムスターのことをふと
思い出してしまいました。

もの言わない
っていうことで言えば
この白ねずみちゃんだって同じって
コースターの上で眠る
つるつるの
丸いその背中を見ては
しみじみとしてしまうのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-01-09 23:22 | イトシイものたち。
<< おなかのクスリ! 風がくれた贈り物。 >>