声をききながら。

f0025533_1648569.jpg

















もう何年使ってるかな
白い厚手の麻のエプロン。
洗濯した時
しわをのばそうしたら
やぶけてしまった
一番のお気に入り。

どうしようかと
そのままにしていたものを
ひっぱりだしてきて
ミシンで細かなステッチを
かけてみました。

すけるほどになった生地には
裏にコットンの布をあてて
だだだだだと
行くと帰るを繰り返し
うまれたこの景色。

なぜかとてもうれしくなって
もっと修理したくなり
たくさんある中で
いつも手に取ってしまう
お気に入りの
トートも修理。
角のほころびが
きになっていたもの。

f0025533_127155.jpg

















コンピューターが
はいってるとはいっても
速度調節くらいで
他はシンプルなしくみの安心感。
まるで相談するみたいにして
縫い進めてゆける
いとおしいミシン
その声をききながらすごした
風もあたたかな
午後でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-02-05 23:22 | そんな一日。
<< 春の朝の空。 プラリネ! >>