春の朝の空。

f0025533_9185489.jpg
















いつもと同じおひさまが
いつもと同じ空にのぼっていても
その色はやっぱり
冬のとは
もう違ってるかんじ。

枯れた芝の下の土も
はじまった季節を
あしもとから
感じさせてくれた朝。

このちょっと前には
真っ赤だったおひさまは
その色をすこしずつ
にじませながら
空を春色に染めて
のぼってゆきました。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-02-06 09:22 | そんな一日。
<< 白い聖歌隊。 声をききながら。 >>