停電待ちの一日。

できることが
なにもみつからず
こころばかりが
へとへとに
なっていた時
停電があるときいて
少しほっとしたのです。

このひとつづきの
地面の上にいても
エアコンなしでも
寒くはないへやで
あたたかなものをいただける
毎日をおくってることを
申し訳なく感じて
いたのでした。

ちょっとがまん
させていただけるなんて
こころにとっては
むしろ
ありがたいくらい。
被災地の方のためになるとか
そういうことではないけれど・・・

おろおろしながらも
まわりに助けられ
あれこれ準備し
深呼吸して待った
そのときでしたけれど
今日は見送りでした。

そしてまた
あっという間に
暮れて行った
一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-03-14 23:22 | そんな一日。
<< みどりのことり。 それでも明ける朝。 >>