二つのカバー。

f0025533_1915553.jpg


















ずっとあたためて
いたものなのでした。
ただのグラスが
カバーをかけることで
ステキな花瓶に
なってしまったり
そっけない
プラスティックの鉢が
やさしい印象に
なるような
フェルトのカバー。

きっかけは
ネリーの鉢でした。
部屋におくと決めたとたん
あの白くてつるつるしたものが
気になってしまって
作りたくなったのが最初。

今回小さなサイズにも
チャレンジしてみました。
デュラレックスのショットグラスに
あわせるとぴったりです。

まだ肌寒かったりする夜には
眼にもあたたかくて
うれしいかんじです。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-04-21 23:22 | フェルトな毎日。
<< お花のチカラ。 ポットふたたび。 >>