梅雨、明けましたね。

梅雨が明けた今日
都会からの帰り道
まだ早い時間の
真っ青にそめられた
東の空に
極細の糸で編まれた
繊細なレースみたいな
白いかすかな半月が
うかんでいるのが
みえました。

日のさすアスファルトの坂道は
さすがに熱を感じましたけれど
のぼりきり
たっぷりの緑あふれる
丘の上にたどりつくと
涼やかな夏風が
軽やかな音を奏でて
ふきわたり
やさしく迎えてくれました。

それから
お礼を言わないと。
ここをお休みしてる日々も
のぞいて下さって
ご心配下さった
あたたかで
やさしい言葉に
なぐさめられ
はげまされました。
言葉がなくても
心配下さってるお気持ちも
しっかりと感じています。
ほんとうに
ありがとうございました。

わたしは
あいかわらず元気です。
ちょっと文章の書き方が
わからなくなったかんじでした。
子どもの頃
息ってどういうしくみに
なってるんだろう
って考えたとたん
息が苦しくなった
あんなかんじに似てるかも。

梅雨も明けたことですし
肩のチカラぬいて
深呼吸して
夏の楽しいことあれこれや
それからもちろん
フェルトのことも
アップしていきたいと
おもっています。
これからも
どうぞよろしく
お願いいたします。

いよいよ始まった
とびきり暑く
しかも長くなるらしい
この夏の日々も
みなさまの
っていうより
ここを今みてくださってる
あなたの毎日が
すこやかで
楽しくありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-07-09 17:00 | そんな一日。
<< ささやかなこと。 夏至の一日。 >>