ことりの時間。

朝おひさまの光をみつけると
そのいちばんのりを
ほこらしげに告げる
ことりの声には
気づいていたのです。

それでも
夕暮れ時
おひさまがいってしまうことを
おしえてくれるみたいに
きこえてくる声に
気づいたのは
この夏が初めて。

夕方になると
朝そこにとまり
軽やかな声で
目覚めさせてくれた
窓のすぐ外にある木に
ふたたびやってきては
日が沈むまでの間
その日一日
空から見たこと
出会ったできごと
みんな話し尽くしてくれるかのように
ひとしきりというには
あまりに長く
高く低く
なめらかにさえずっては
飛び立っていくことり。

緑のシェードをとおってくる
おもいのほか
涼しい風に気づき
エアコンを消して
開け放った窓から届く
節電のごほうびみたいな
ステキな時間なのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-07-13 22:00 | そんな一日。
<< マニュアル書いてます。 もりもりの緑。 >>