パンのおにぎり。

f0025533_1043624.jpg

















焼きたても
冷めてしまっても
おいしくいただける
しかも
節電の夏にぴったりの
フライパンで焼く
チーズパンです。

少しのこってしまった
キューブチーズだとか
スライスチーズとか
カラカラの粉チーズとか
お土産でいただいたりした
めずらし系のチーズたちなども
とりあえず
パンと一緒に
焼いてしまうと
だいたいおいしく
いただけちゃうから不思議。

ほんとずいぶん前に
突然海に行くことにしたとき
それでも
家にパンしかないとき
お弁当にって
思いついたのがはじまり。
そのときはバゲットだったかな。

この謎の名前は
おにぎりみたいに
カンタンにつくれて
シンプルで
おいしい
そんなイメージで当時
つけたんだとおもいます
たぶん。


<Recipe>
1.焦げ付かない加工のフライパンに
 シュレッドチーズはたいらに
 キューブチーズはそのまま
 スライスチーズはちぎったりして
 パンのカタチに並べたら点火。
2.チーズが少しとけてきたら
 そこにパンをぐいっと押し付けるみたいにしてくっつけます。
3.チーズにいいかんじの焦げ目がついたら火を消して
 チーズをおちつかせるためにすこしさましてからひっくりかえし
 チーズからでた油で裏面もこんがり焼き色がついたら出来上がり。

*チーズは全てシュレッドだといつもの味わい。
 半分をシュレッドにすると安心の味わい。
 全ていつものでないのだと冒険の味わい。
*パンはどんなパンでも多少堅くなっていても大丈夫。
 フライパンのカタチに合わせてちぎってならべると
 大きなものができます。
 今回はイングリッシュマフィン。
*カイエンヌペパーも辛すぎない程度にふると
 アクセントになります。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-08-03 15:00 | オイシイものたち。
<< 月曜日だったなんて。 一枚があれば。 >>