スープがあたためてくれるもの。

f0025533_18194997.jpg

















朝ごはんはしっかりと。
これは
そう育ててくれた母からの
言葉ではない
教えなのでした。

それをついおろそかにした先日
空気がどこからかぬけてくような
一日をすごしてしまい
大反省したのです。
これはその翌朝
おもいついた
チキンと野菜のスープ。
今朝は
ポーチドエッグも
のせてみました。

材料たちと会話するみたいに
ていねいに切ったり炒めたり
アクをひいたりして
作ってみました。

「おかわりある?」
そんな
家族からの
最大級のほめことばで
おもわず
満面の笑顔。

こころまでもあたためて
元気いっぱいにしてくれる
朝ごはんの大切さを
あらためておしえてくれた
このスープは
カンタンで
おいしそうで
おいしくて
はやくも
スープオブザイヤー2011に決定。

・・・こんなふうに
あたたかなものを
あたたかな部屋で
笑顔でいただける
そんな
ふつうの毎日が
どれだけ
ありがたいものかを知ったあの日に
おもいをはせた
11日の金曜日でした。


<Recipe>
材料(多めの二人分)
   とり胸肉 300gくらい
   たまねぎ 中くらいの1個
   かぶ   葉っぱつき2つ 
   ミニトマト 6個くらい
   バター 大さじ1くらい
   塩 小さじ1弱くらい
   粒コショウ 5粒くらい
   タイム ひとつまみ〜小さじ半分くらい

作り方
1.おなべにバターをとかし繊維に垂直に交わって1センチくらい幅にカットした
 たまねぎを透明になるまでこがさないように炒めます。
2.1の火をとめお水と塩と粒コショウを加え
 そこに一口サイズにカットしたとり肉をいれてから再び火にかけ
 あくを丁寧にすくいとったらタイムを加え たまねぎがやわらかくなるまで中火で煮ます。
 ここでベースのスープは出来上がり。
3.2に櫛形にカットしたかぶを入れ輪郭がすこし透明になりかけたら
 ミニトマトと細かく切ったかぶの葉っぱを入れ味を整えて出来上がり。

*たまねぎはとろとろまで煮てほかのお野菜は火をとおしすぎない、っていうのは
 個人的な好みなのですが
 野菜たちの色があざやかだと見た目だけでなく味わいも増す気がするので
 ベースのスープだけををつくっておいて
 いただくごとにかぶとミニトマトとかぶの葉っぱを加えて作るといいとおもいます。
 全部でなくてもかぶの葉っぱだけはそうするのをおすすめします。
*お肉はささみでもベーコンでもいい味わいのスープになります。
*タイムは元気のでる好きな香りなので勝手に入れてみました。
 多いとちょっと苦みを感じるかも・・・
 好みもあるとおもうのでひとつまみくらいからをおすすめします。
*これをごはんにかけるとぼんやりな朝にも軽いお夜食にもいいみたいです。
*ポーチドエッグはなくてもいいし
 あと温泉卵でもつるんとした半熟ゆでたまごでも。
[PR]
by miyoshimasako | 2011-11-11 22:00 | オイシイものたち。
<< アドベントのかべかざり。 はずかしがりやのおひめさま。 >>