隣どうしで。

f0025533_1735417.jpg

























部屋の模様替えをしました。
新緑があまりにも美しくて、
おまけにシジュウカラのつがいが塀の穴で子育てをはじめたので、
もう窓の外から眼が離せなくなって、
でも仕事もしたいし、で、
大きな木のテーブルを窓際に移したのです。

そうしたら、横に並んで外を見ながらお茶ができるようになりました。
雨上がりにはレモンの木の枝や葉っぱからしずくがたくさん下がって、
そこに光がさしてきらきらシャンデリアみたいになること、
いろいろな種類のことりたちがそれぞれなかよくやって来ること、
もう、アゲハもモンキチョウも活動してること、
あと、窓はすぐ汚れちゃうことなど、お茶をしながらいろいろ発見。

向かい合わせで眼をしっかり見て話すのもいいけれど、
隣どうしだと、より仲良しになって、
そんなにおしゃべりしなくてもあたたかい時間が持てそう。
「向かいあわせ」が握手だとすれば、
「隣どうし」は手をつなぐかんじかも。


写真は新作のティーマットです。
勿論、ひとりのお茶の時間を楽しくしてくれますが、
こんな風に仲良く使うこともできます。
マグはイッタラの色違い。


このマットは二子玉川の「KOHORO」でのフェルト教室で作ることができます。
長四角のもの、模様つきのものなど、好きな色でオリジナルを作っていただけます。
5月29日月曜日、午前の部と午後の部とあります。
今発売中の「雑貨カタログ」にも案内が掲載されています。
詳しくは、メールか「KOHORO」(03-5717-9401)にお尋ね下さい。
小人数の教室なので、ご希望の方はお早めにお願い致します。

まずは教室で一枚作って、
ひとりのときはゆったりとしたティータイムを、
仲良しと一緒の時は隣どうしにならんでお茶の時間を、
いろいろ楽しんでみてはいかがですか?


・・・・・と、いろいろ言っても実はわたしは横にならんでも結局、
カラダを真横に向けてむりやり向い合せになって、顔をのぞきこんで
おしゃべりしちゃうんですけどね。
[PR]
by miyoshimasako | 2006-05-10 18:44 | フェルトな毎日。
<< 働き者たち。 新緑の色いろいろ。 >>