秋初日。

朝、目が覚めてはじめに飲みたくなるのが、紅茶、に変わって、
私の中に秋が来たことを感じます。
今朝が、そのときでした。
好きなのはアールグレイ。
ときどきショウガを入れたりもします。

あっと言う間に夏が過ぎ去ってしまいました。
本当に暑い夏があったのか、それともあれは夢だったのか、
わからないくらい、過ぎてしまった夏の感触が薄いのでした。

7月に銀座にでかけたときにはウインドウに毛皮がディスプレイされていました。
9月になったとたん、伊東屋には来年の手帳が並びます。
これもまた、新たな季節感?

それでも、実感、として季節を感じるのは、
夜の空気のにおいだったり、夕焼けの色だったり、
真夜中に桜の葉が散る時に立てる、カサッという小さな音とか。
そんな身のまわりの自然から。

そうそう、季節の変わり目にはいつもどういうわけか出会う生き物がいます。
今朝、ビーチサンダルに変わって、
庭に置きっぱなしにしているガーデンシューズをはこうとしたら、
先日の雨水がちゃぽちゃぽ入っていました。
水を出そうとさかさまにしたら、一緒にカエルが出てきてびっくり!
カエルは庭に住んでいるらしくて、冬すっかり姿を消すギボウシと
スズランの茂みの間に冬眠していているのをところを見たことがあります。
4、5年前の秋の終わり、風で庭に飛んできて雨にぬれた
小さな段ボールの切れ端を持ち上げた時に、
その下にちんまり丸まったカエルくんがいてびっくりして、
あわてて段ボールをもとにもどしたけれど、
翌日こっそりのぞいてみたらもういなくなっていました。
邪魔するつもりじゃなかったんだけれどなぁ・・・
でもあのカエルじゃないかも、今日のは小さかったし。
そういえば、3年前の同じ頃、やっぱりその頃はいていたガーデンシューズを
はこうとさかさにして、枯れ葉や土を出そうとトントンとした時に、
ちいさなカエルが出てきたっけ。
あのときのカエルくんかも!
「わたしはこれからは長靴をはくので、どうぞ、家として使っていいよ」と、
伝えたつもりなんだけれど伝わってるかなぁ、
庭のメンバーは結構用心深いから・・・
カエルもトカゲもみみずも青虫も積極的に仲良くなりたい訳ではないけれど、
彼らがいてくれるのは全く構わないんだけどな。

ありんこたちもラストスパートなかんじで動き回っているし、
ミツバチも朝も早くからメドウセージの花の蜜をせっせと集めに来るし、
小さなトカゲもあっちいったりこっち行ったりして忙しそうにしています。
働き者の彼らを見ていると、
センチメンタルに黄昏れてばかりもしてる場合じゃないぞ、と、元気がでてきます。

今日の日差しは強くても、風も空の色も、もうすっかり秋です。

追記
この夜、息子が帰ってきてドアをあけたら、圧倒的なキンモクセイの香り。
代々木上原でも、阿佐ヶ谷でも、この日にキンモクセイが香りはじめたと知り、
とっても不思議な気分。
2006年のキンモクセイ初日、でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2006-09-20 12:59 | イトシイものたち。
<< プリンレシピ(2009無敵ver.) プリンLOVE。 >>