プリンレシピ(2009無敵ver.)

f0025533_15531638.jpg
























わたしの大好きなプリンです。
「ようかんは立つ厚さで切り分ける」ときいたことがありますが、
このプリンも、きりりと立つのでした。
実をいえば、いつもはこの3倍くらは、食べちゃいます。

さてさて、お問い合わせの多かったプリンのレシピです。
わたしの好みのちょっと堅めになっています。


おいしくつくるコツは、
新鮮な、いい材料を使うこと、
オーブンの温度に気を付けること、
あとは、
「おいしい!」と言ってもらえたときの
あの飛び上がりたいくらいの、
はじけるようなうれしさを思いながら、
ひたすら丁寧に作ること。


それにしても。「おいしさ」を写すのがこれほど大変だとは知りませんでした。


************************************


無敵プリン  (500ccの耐熱性のガラス容器2個分)

  材 料  プリン液 
         牛乳 600cc 
         砂糖 140g 
         全卵  6個 + 卵黄 3個
         ラム酒 大さじ1杯
       
       カラメルソース
         砂糖 45g×2
         水 大さじ1、2杯くらい×2

  作り方  0. 作る数時間前に卵を室温にもどしておきます。
       
       1. まず、カラメルソースを作ります。
         耐熱性のガラス容器それぞれに、砂糖を45グラムずつ入れます。
         そこに砂糖がかろうじてしっとりするくらい水を入れ、
         2つ同時に電子レンジ600Wに3分くらいかけます。
         大きいあぶくが出てバチンバチンとはじけ、
         茶色に色がついて、焦げて煙が出て来るくらいにまで
         加熱したら、オーブンから取り出しさまします。
      
       2. 牛乳の中におよそ半分の砂糖を入れ、
         電子レンジ600Wで4分くらい加熱し、
         砂糖を溶かしておきます。
         ここですかさず、オーブンの余熱スイッチを入れておきます。
         温度はここでは、180℃。
         
       3. 卵を割り、その中に残りの砂糖を入れ、
         泡立器でよくとかします。
         泡立てないように、切るように、丁寧にかき混ぜます。

       4. 3の卵液の中に、2の牛乳を少しずつ、混ぜながらいれます。
         それをこし器でこし、その中にラム酒を入れます。

       5. 4を、カラメルの入っているガラス容器2つに入れます。
         ガラス容器の壁を伝わせるようにして、そおっと。
         入れたらキッチンぺ—パーなどで表面の泡を取ります。
         天板の中にキッチンタオルを敷き、そこに
         お湯をできるだけたくさん注ぎ、 
         その上に静かにプリン液の入ったガラス容器を置きます。
        
       6. 余熱の終わったオーブンの中に慎重に入れます。
         なんたって重いのでわたしはここでよくこぼしました。  
         入れたらオーブンを160℃、40分に設定。

       7. オーブンの中をときどきのぞきます。
         キッチンタオルはいつもひたひたをキープするようにします。
         時間がきたら、器を揺らしてみて表面がゆらゆらではなくて、
         ちょっとプルプル、なかんじになり、
         端にほんのちょっと焦げめがついたら出来上がりです。
         オーブンから出して、すっかり温度が下がったら、冷蔵庫に。
         冷えたら切り分けて、いただきます。



    *わたしの使っている材料
        牛乳は、生協の低温殺菌牛乳。
        牛乳はそのまま飲まないので
        ほとんどプリンに使ってます。

        砂糖は、きび砂糖。
        味にこくが出る様な気がします。
       
        カラメルソース用は、プレーンヨーグルトについてくる
        おまけの砂糖がもったいないので、ある時はそれを使います。
        溶けやすく加工された、グラニュー糖なので作りやすいです。
        1袋15グラムなので、容器1つにつき3袋。
        苦みと甘みのバランスがよくて、
        ほんと、シアワセな味。
        きび砂糖で作ることもあります。
        溶けにくかったり、もともと茶色なので
        焦げ具合がわかりにくかったりしますが、
        焦げさえうまくできれば、こくがあって苦みが強くでて、
        大人の味かな。              

        卵は生協の卵。
        お菓子作りにおいて、
        卵のおいしさは結構重要な気がします。
        室温に戻して使ってください。

        ラム酒は、マイヤーズのダークラム。
        イタリアンの店のプリンは、アニスの香りがしました。
        お子さまにはバニラビーンズを使ってもいいです。
        そのときには牛乳をあたためるときに一緒にいれて下さい。
        なければ、エッセンスでも大丈夫です。
        
    
    *おすすめの道具
        こし器は、味噌こし器をプリン専用にして使っています。
        お鍋のふちにひっかけるものがついているので、
        それをちょっとひろげてカスタマイズし、
        ボールのはしにひっかけて使います。

        入れる容器は耐熱ガラス製の四角い容器を使っています。
        タッパーウエアみたいな素材のふたもついています。
        パーティーの時など、さかさまにして、
        どーんとお皿にもると迫力があります。
        プリンカップで作る時にはその大きさにもよりますけれど
        小さめのものだったらだいたい8個くらいできます。

    *注意するといいこと 
        オーブンはそれぞれで癖がありますので、
        温度や時間はあくまで目安です。
        (私のはMITSUBISHIのはるみモデル。)
        上火が強い場合などは下段に入れるとか、
        ホイルで被うとか、工夫してください。
        あと、天板にキッチンクロスを敷いて、お湯をはる、
        というのはとっても重要です。
        「す」(小さな穴が密集した状態)が入るのを防ぎます。 
        この手順で作れば、「す」は滅多にはいりません。 
        もともと堅めのプリンなので、焼き過ぎると、
        たまご料理なかんじになってしまいます。
        焼き過ぎにはくれぐれも注意してください。

        
        
        あとは、
        にこにこしながら、
        ゆったり、
        召し上がってくださいね。
        できれば、大好きな誰かと一緒に。



          
[PR]
by miyoshimasako | 2006-09-22 18:19 | オイシイものたち。
<< お知らせ満載! 秋初日。 >>