ありがとうございました。

おかげさまで無事に松屋での作品展を終えることができました。
遠くからいらしてくださった方も多く、
また、年に1回、この会場でだけお会いするお客さまともまたお会いでき、
(季節はずれの七夕みたいです)
たくさんの方がたにお会いすることができて、
とても素敵な1週間でした。

作ること、作るために考えることは大好きなのですが、
いつも一人で作っているので、
こうしてたくさんの方から
「かわいい」とか「素敵」とか「これ何!?」とか、
いろいろなお言葉をいただくと、とてもうれしく、感動の連続でした。

せっかくいらしてくださったのに
お話をできないままお帰ししてしまった方もいらして、
ありがたくも申し訳ない気持ちで、
残して下さったあたたかいメッセージを読ませていただきました。
申し訳ありません。
そして、本当にありがとうございました。

終わってからの日々はあっという間でした。
ちらかった部屋の方付け。
インタビューの取材。
三者面談。
メールの復活作業。
部屋探し。
そしてフェルト教室。
ひとつひとつに話せば長くなるエピソードがありますが、
すべてがそれなりに happy end なのには感謝です。

気分としては、
長いジェットコースターに乗り終わり、
楽しくもほっとしておりたはずだったのに、
気が付いたらちょっと小さい別のジェットコースターに乗って
またまた猛スピードで走り出していた、
というようなかんじでしょうか。

今はオーダーをお受けしたものの製作と、
ずっとお待たせしていたショップにおさめるものの製作を
同時進行で作り始めた所です。
もう少し、お待ち下さいますよう・・・・


そしてここでインフォメーションを一つ。
集英社の携帯電話サイトにて、
作品展前のわたしの1週間の食卓の記録が写真とともにアップされています。
撮影当時は紅玉が出はじめたところで煮リンゴが多かったり、
お土産でいただいたポルチー二をよく使ってたり、
和食が少なかった週でした。
しかし、初公開の「パンのチーズ焼き」は
我が家の海へのお供としてよくつくったものですが、
持ち寄りパーティのお持ちしても大好評なものです。
わたしの他にもたくさんの方たちの素敵な食卓を拝見することができますので、
是非、携帯電話でアクセスしてみてくださいますよう・・・

  http://hippopo.jp 

P.S
引っ越しが急に決まったので、この中に書いてある旅行は取り止めです。
いつの日か行けたらいいな、と思っています。

さて、明日はクリスマスイブ。
みなさまと、みなさまの大切な方が
これからも変わらずずっとしあわせでありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2006-12-23 09:05 | そんな一日。
<< ただいま! 会いに来て下さいね。 >>